ワックス  

日付: 2017.07.27 | 分類: お知らせ  

お知らせです。

かなぐは今まで真鍮素地で納品させていただいておりましたが、

経年変化が少し早いよとのお声をいただいており、今月からワックスで仕上げることにしました。塗装よりは弱いですが、施工時やご利用初期の手のあとを和らげたいと思います。

よろしくお願いします。

HIN     

日付: 2017.06.25 | 分類: お知らせ  

HIN

ARTS & SCIENCE  京都 HIN

http://arts-science.com/news/ifuji-a-s_170623/

木工作家の井藤昌志さんの家具へ、金具を製作させていただきました。試行錯誤が、本当に楽しかった。ソニアパークさんには、作り手として、何年も育てていただいた。これからも、技と知識を身につけて、良いものを作る喜びを、ひとつひとつ増やしていきたいです。

 

[KYOTO]
2017.7.8 (Sat) – 2017.7.30 (Sun) / 11:00 – 19:00
HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
京都府京都市中京区木屋町通二条東入東生洲町 482-3 角
Telephone: 075-253-6782

[TOKYO]
2017.8.5 (Sat) – 2017.8.20 (Sun) / 12:00 – 20:00
AT THE CORNER by ARTS&SCIENCE
東京都港区南青山 6-1-6 パレス青山 109
Telephone: 03-6418-7960

石と陶   

日付: 2017.04.26 | 分類: お知らせ  

IMG_3195

IMG_3178

IMG_3172

FullSizeRender 2

年度末混乱の渦によりすっかり更新が滞りましたが、ちゃんと暗躍してました。大理石と陶器の再検討。
陶器は、安定供給に向け、本格的に動き出しました。在庫切れによりご注文キャンセルという事態は、なんとか免れているのですが、少しずつご好評いただき、只今これまでにない在庫薄です。
作家も売れっ子で忙いなか、創作の手をとめて付き合ってくれているのですが、代替えで納得できるものも思い当たらず。それだけ優れた焼き方と釉薬だったということです。
思い入れのある質感なので、将来アンティーク品となるようなものを日本製で残してみたいという夢をとって、いろいろな方に無理を言って、頭を下げて、なんとか量産できそうです。ありがたいかぎり。その恩返しは、お客さまへ還元できるよう。真鍮の方も頑張ります。
陶器は、お待たせしてしまいますこと大変申し訳ありません、ご検討中の方は、お早めにご相談いただきたく思います。よろしくお願いします。

星を鋳る  

日付: 2017.02.14 | 分類: お知らせ  

tukitikyu 2.09.00 08.39
地図から大地を鋳造する作家 橋本瞳と、かなぐやのコラボレーション「星を鋳る」金具。
橋本瞳 https://www.hitomihashimoto.com

満月のフック/とってを作りました。加えて新作の、地球です。
使い、眺める。壁へのアートピース。

中村友美展 

日付: 2016.12.14 | 分類: お知らせ  

tumblr_ohifnbxnls1qivevlo1_500

親友の作家 中村友美の、個展のご案内です。

日時:2016年12月16日(金) – 20日(火) 12:00 – 19:00
場所:西麻布 R http://merge.co.jp

やかん、さじ、みにつけるものを、奈良で作っている人。
形の良さはもちろんですが、槌目も好きです。その人が素材を触るとどうしてもその人らしいものが出来る、意識せずとも、出来てしまう。
そういう作り手だと思います。人柄や生き方が、伝わってきます。  

中村友美 ホームページ
http://yuminkmr.tumblr.com

鍍金始めます

日付: 2016.10.21 | 分類: お知らせ  

img_2098 img_2101

銀色需要。納得のいくかたちを探すのに時間がかかってしまいましたが、来年から本格的に始めようと思います。かなぐやのほとんどの真鍮ものに、質感そのままに、かかります。

鍍金、メッキ、めっき。

職人さんが、丁寧に、プライドを持って、かけてくれます。

年内でも必要な方、ご相談ください。

受注開始  

日付: 2016.09.16 | 分類: お知らせ  

2016%e5%90%91%e3%81%93%e3%81%86%e7%a1%9d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a6

2016%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a6-%e3%81%82%e3%82%8f

2016%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a6-%e3%81%8d%e3%82%8a%e3%81%93

img_1958

「向こう硝子のひきて」受注開始いたします。
向こうの部屋の灯りを感じることが出来る彫込ひきて。

種類は、上から、あわ、きりこ、結霜です。
結霜(けっそう)はフェザーグラスとも言って明治建築の窓ガラスなどでよく見られます。現在では、個人工房だからこそかけることの出来る手間です。窓の代わりに、引き手へはいかがでしょう。
どれも硝子ならではの美しさを存分に発揮した品物となっております。
共同制作 丸岡勇太 <757glassmill> http://www.yutamaruoka.com

—————————————
・納期は約4週間となります。
・あわ¥25,000-/きりこ¥29,000-/結霜¥29,000- 各+消費税
・背中合わせ裏表2個入り
・扉厚30mm以上へ、上下釘固定

FK : WW   

日付: 2016.08.10 | 分類: お知らせ  

IMG_1498

IMG_1490 2

 

IMG_1207 2

IMG_1491

色や素材の持つ力を効果的に活用するクリエイションを生み出すSTUDIO BYCOLORの秋山かおりさんと、共同しているFK:WW。木の道管や繊維をあらわに加工し、色を入れた素材を、壁付けフックに仕立てました。羽のような宝石のような、不思議な魅力を持つ素材。

秋山さんが手がけるアクセサリーDD:WWと一緒に、センプレ青山店で販売していただいております。フックの5色はこちらだけの展開です。

個人的には… 木材の背景(壁、建具、家具)に、木のもの(つまみやフック)を足すとき、ぬくもりや素材感が重くなりすぎないように、少しピリッとしたクールな要素があったならと考えていました。コンパネそのままにさくっと打ち付けてもおしゃれに見えるものって、特別な存在感で、新しい感覚でした。

青山店では、そんな様々な価値観を積極的に受け入れて、活躍しているデザイナーの今その時の作品を展示販売しています。現物を手にとって受けとる、今への情報量。いろいろな世界が、試しに満ち、広がっています。

センプレ青山店 www.sempre.jp/contents/sempre_aoyama

向こう硝子 

日付: 2016.04.21 | 分類: お知らせ  

FullSizeRender 2 FullSizeRender
IMG_0872 のコピー

向こう硝子のひきてをリニューアルしました。

硝子の彫込ひきてです。硝子作家の丸岡勇太さんと考案した、向こうの部屋の明かりを感じるためのひきてです。

真鍮のボディーは、がくを一体にし、硝子はステンドグラスの技法で嵌め込んでいます。建具屋さん、大工さん、家具屋さんに、工場でも現場でも、スムーズに設置していただくため、こちらの新仕様に移行いたします。

今までは、扉へ垂直に貫通穴を開けて設置する、扉厚に応じたサイズオーダー品でしたが、こちらでは、扉厚30mm以上に、普通の彫込ひきてと同じ感覚で設置いただけます。
硝子の種類は現在、あわのみとなります。きりこは検討中となります。

寸法:60φ×16h

納期:~4週間

価格:¥25.000-(+消費税)
※扉1枚につき裏表の2個セット

————————-

新橋のアトムリビンテック CSタワーにて春の展示会が開催されています。虎ノ門ヒルズのすぐ近く。新しい向こう硝子のひきての現物を展示していただいております。
招待状を印刷のうえ、ぜひ足をお運びください。
2016春の新作発表会
http://www.atomlt.com/info/exb16_info_spring.html

————————-

被災地で活動する民間の団体へ支援金をお送りしました。皆様からのご注文の売上を一部あてさせていただきましたので報告いたします。熊本からもご注文いただいたことがありました。この場にてお見舞い申し上げます。

展示終了  

日付: 2015.11.28 | 分類: お知らせ  

三日間のインテリアライフスタイル展が無事終了しました。
クオリティと手作業での生産体制がある程度固まってきたところで出展にふみきったかたちとなりました。ブースまでお越しくださった方々、改めてお礼申し上げます。

keep looking »