image image-1

創る和紙職人、ハタノワタルさんの市松模様の建具へ、真鍮彫込ひきて丸大茶陶器をお使いいただきました。福知山の鳥料理屋さん。ハタノさんのブログでご紹介いただきました。

「襖は室内空間とその奥に広がる庭師松下さんの素晴らしい庭を意識して色としてあまり主張せず、でも、しっかりとした存在感を見せれるように、色を選びました。」そこへ陶作家、望月万里さんに協力してもらっている陶器入りの引手を。
「実はこの引手が、空間を引き締めてくれてるんじゃないかな?と思っています」

庭師、表具店、和紙職人、陶作家、金具屋。いろんな人が動いていて、「ぴったり行ったよ」というお言葉が嬉しい、このごろです。