IMG_0741

IMG_0731

IMG_0703

東京都庭園美術館の、ハンドルと鍵一式の、復元のお仕事をさせていただきました。
書斎の収納扉に対し、現存しているのは1組のみ。少しの間お借りして、2組増やしました。約90年前の職人の手の跡をたどります。
こういう時を経たものは、金具のひとつであっても、何かが宿っているように感じてしまう。「勉強させていただきます」と、建物と歴代所有者、デザイナー、匠チームに、心の中でちゃんと挨拶してから取りかからないと、不思議とうまくいきません。
心をあらためてから、そっと分解して、内部のパーツを丁寧に取り外します。小さなパーツを1個1個複製し、うまく噛み合うように擦り合わせ、バネを仕込み、ネジを切り、組み立てる。
生きている間のメンテナンスは私ですが、90年後の見知らぬ職人さんも私と同じようにどうぞよろしくと、鍵のフタを閉じます。
重要文化財の復元、大変貴重な機会をいただきました。機構やデザインに触れることもそうですが、風合いを目に焼き付けることも大きな財産となりました。
機会をくださった黒瀧さん方、どうもありがとうございました。

黒瀧道信さん デコラティブアートスタジオ