img_2211

こんぺいとうつまみの出荷ですが、くり拾いのような写真が撮れてしまいました。

なぜ、こんぺいとうをつまみに… その衝動はもう思い出せませんが、ポルトガルから渡ってきたお菓子が、あたかも日本のもののように親しまれていること。そして、砂糖を少しずつまぶしてかたち作られる様から「育む」ことが連想される、おめでたいもの。

そんな存在が、とても魅力的に感じます。

外から仕入れたものを日本らしく親しんでしまう。ありのまま模すよりも、その独自解釈にこそ、面白みが詰まっている。日本人の得意技だと思います。