和紙と   

日付: 2017.06.25 | 分類: 施工事例  

IMG_3494

IMG_3495

IMG_3496

IMG_3497

IMG_3498

IMG_3492

地元の工房で黒谷和紙を漉き、バンで日本中を移動し現場作業に勤しむ、ハタノさんの建具へ。

四季島   

日付: 2017.06.25 | 分類: 施工事例  

deluxe_suite_0317_A_631-637

0317_B_1208

TRAIN SUITE 四季島、デラックススイートの暖炉上の握り玉を制作させていただきました。

色は、ステンレスを火で赤め、ゆっくりと冷まし、酸化皮膜を生かした、金属なりの黒。槌目は、目の大きさ、深さ、凹みは、岩のような力強さよりも、鱗のように繊細に。仕上げは、景色を写しこむ鏡面よりも、水面ようなゆらゆらとした艶を。光は自然光と灯で、質感は目と手で、確かめる。デザイナーと作り手による細部へのこだわり。

「日本の奥の深さと出会い、時どきのうつろいを愛でる。人生の今までにない体験と発見を、鉄道の旅で」

concept , 写真提供:JR東日本

星を鋳る  

日付: 2017.02.14 | 分類: お知らせ  

tukitikyu 2.09.00 08.39
地図から大地を鋳造する作家 橋本瞳と、かなぐやのコラボレーション「星を鋳る」金具。
橋本瞳 https://www.hitomihashimoto.com

満月のフック/とってを作りました。加えて新作の、地球です。
使い、眺める。壁へのアートピース。

野田版画工房

日付: 2017.02.02 | 分類: 施工事例  

image6

image4

image5
滋賀の野田版画工房さんより。http://nodahanga.com

素晴らしい建具につけていただきました。

 

こんぺいとう

日付: 2016.11.02 | 分類: 出荷日和  

img_2211

こんぺいとうつまみの出荷ですが、くり拾いのような写真が撮れてしまいました。

なぜ、こんぺいとうをつまみに… その衝動はもう思い出せませんが、ポルトガルから渡ってきたお菓子が、あたかも日本のもののように親しまれていること。そして、砂糖を少しずつまぶしてかたち作られる様から「育む」ことが連想される、おめでたいもの。

そんな存在が、とても魅力的に感じます。

外から仕入れたものを日本らしく親しんでしまう。ありのまま模すよりも、その独自解釈にこそ、面白みが詰まっている。日本人の得意技だと思います。

受注開始  

日付: 2016.09.16 | 分類: お知らせ  

2016%e5%90%91%e3%81%93%e3%81%86%e7%a1%9d%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a6

2016%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a6-%e3%81%82%e3%82%8f

2016%e3%81%b2%e3%81%8d%e3%81%a6-%e3%81%8d%e3%82%8a%e3%81%93

img_1958

「向こう硝子のひきて」受注開始いたします。
向こうの部屋の灯りを感じることが出来る彫込ひきて。

種類は、上から、あわ、きりこ、結霜です。
結霜(けっそう)はフェザーグラスとも言って明治建築の窓ガラスなどでよく見られます。現在では、個人工房だからこそかけることの出来る手間です。窓の代わりに、引き手へはいかがでしょう。
どれも硝子ならではの美しさを存分に発揮した品物となっております。
共同制作 丸岡勇太 <757glassmill> http://www.yutamaruoka.com

—————————————
・納期は約4週間となります。
・あわ¥25,000-/きりこ¥29,000-/結霜¥29,000- 各+消費税
・背中合わせ裏表2個入り
・扉厚30mm以上へ、上下釘固定

つまみ続々 

日付: 2016.09.10 | 分類: 出荷日和  

img_1905

真鍮つまみねじれ五角錐の小です。

形にリズムがあるからか、数でのご注文があったります。並べても圧迫感がないのかもしれません。

I’m home.  

日付: 2016.08.10 | 分類: 雑誌掲載  

IMG_1497

IMG_1493

no.83 September/2016,7,16 ON SALE
news&newsでかなぐやを紹介していただきました。
取材は、いつも言葉にできずにいることを見つめなおす機会です。撮影は、自分では見えなかったものを見つけてもらう機会。

 

 

好きなもの 

日付: 2016.05.24 | 分類: 休憩少々  

IMG_0964 のコピー IMG_1058 のコピー

五月の好きなもの

大らかな鯉のぼり。黄色と白の西武線。

向こう硝子 

日付: 2016.04.21 | 分類: お知らせ  

FullSizeRender 2 FullSizeRender
IMG_0872 のコピー

向こう硝子のひきてをリニューアルしました。

硝子の彫込ひきてです。硝子作家の丸岡勇太さんと考案した、向こうの部屋の明かりを感じるためのひきてです。

真鍮のボディーは、がくを一体にし、硝子はステンドグラスの技法で嵌め込んでいます。建具屋さん、大工さん、家具屋さんに、工場でも現場でも、スムーズに設置していただくため、こちらの新仕様に移行いたします。

今までは、扉へ垂直に貫通穴を開けて設置する、扉厚に応じたサイズオーダー品でしたが、こちらでは、扉厚30mm以上に、普通の彫込ひきてと同じ感覚で設置いただけます。
硝子の種類は現在、あわのみとなります。きりこは検討中となります。

寸法:60φ×16h

納期:~4週間

価格:¥25.000-(+消費税)
※扉1枚につき裏表の2個セット

————————-

新橋のアトムリビンテック CSタワーにて春の展示会が開催されています。虎ノ門ヒルズのすぐ近く。新しい向こう硝子のひきての現物を展示していただいております。
招待状を印刷のうえ、ぜひ足をお運びください。
2016春の新作発表会
http://www.atomlt.com/info/exb16_info_spring.html

————————-

被災地で活動する民間の団体へ支援金をお送りしました。皆様からのご注文の売上を一部あてさせていただきましたので報告いたします。熊本からもご注文いただいたことがありました。この場にてお見舞い申し上げます。